山歩き

2015年8月 9日 (日)

七曲り2015.8.8

連日の猛暑日で暑さで疲れも最高です。

みんなで七曲りを降りきたら、大堀切の所で若菜ちゃんに出会いました。

梅の頃に次いで今日もまた突然の出会いに感動(^^)/

3歳です・・・とおっしゃってたけど、お孫さんとご一緒でした。

えええ~~~!若菜ちゃんにお孫さんなんてピンときません(^^)/

お若いしお元気なので、いいなぁ・・・と思っておりました。

年月の速さにあらためて感じるひと時。私も歳を取って当たり前・・・

もっとゆっくり時間が流れると良いのに・・・・でも、現実を認識して、今を

精一杯生きる気持ちが大切。いつまで登れるかわからないけど、

頑張って生きようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

再会2015.03.14

金華山を登って、梅林公園で梅まつりに参加・・・・

そんな予定で出かけたのですが、梅林山で

懐かしい方々に遭遇(^◇^)

「金華山を歩こう会」でご一緒していただいた若菜さん、

ポパイさん達・・・・約5年ぶりの再会でした。

みんな、お元気で変わってないのが嬉しい~

広い山でこんな事ってあるのですね!山だからこその出会いでした。

梅の香りが運んでくれた春の贈り物だったかも・・・・!(^^)!

126

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

いつか・・・

金華山を歩こう会

半年前に私が体調を崩して入院・・(;´Д`A ```

そして同じころ、

金華山を歩こう会も会長さんのご都合で

閉鎖になりました。

この会が始まるとほぼ同じくしてメンバーになった私。

2年間で終ってしまいましたが、

この2年間は本当に貴重な時間でした。

そして、ココログ出版から本にもしていただきました。

会は終わったけど、このBlog、閉鎖しないで、

残しておきます。

私の貴重な2年間の財産です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

2010年10月5日(火)

第108回金華山を歩こう会(七曲・お好み焼コース)
               (七曲→百曲に変更になりました)

登り:駐車場-観音口-東坂-岐阜城
下り:岐阜城-百曲口-末広町(佐野屋)-稲荷山公園-美峰稲荷神社
      -DW-七曲峠-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻、リキヤさん、mikffyさん、ポパイさん、
           こうさぎさん、清水さん、ふぅ

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「山歩きの途中、お好み焼き300円又は焼そば250円を
買って、食欲の秋!B級グルメも楽しみます♪」

今日のコースははおまけ付き(*^_^*)
天高く馬肥ゆる秋です。

1

すっかり涼しくなってアウトドアには最高の季節になりました。
行く夏を惜しむように蚊も活躍です。
集合を待っている間に隊長の腕を刺しました。
腫れあがった筋肉隆々の隊長の腕(*^_^*)
きっと誰よりも美味しかったのでしょう・・笑
蚊も人を選ぶのですね。

2 3

東坂峠には注意書きの看板が立てられていました。
最近マナーを守らない人が多いのかしら?
山を愛する人はマナーも良いはずなのですが、
念のため・・と云う事でしょう。

ビューポイントは遠くは霞んでおりました。

8 4

6 7

13:50 下り開始。
多数決で七曲りを百曲りに変更になりました。
崖が多いですが歩きやすい道です。

下りは順調~みんな早い(^_^)
佐野屋さんの予約の時間まで少々、久しぶりに紙の大仏殿へ。
荒れ果てていましたが、足場が組んで改装の予定のようでした。
濃いオレンジ色に塗られるようです。

ほのかな香り。ギンモクセイの香りです。
今年は少し遅いような気がします。

9 10

12 13

久しぶりの佐野屋さん。
代金と引き換えにそれぞれ注文品をもらいます。
8人中隊長だけは焼きそば。
「誰にも分けてあげないから」・・・笑
今日もリンゴの差し入れを頂きました。
お好み焼きと良い調和です。

稲荷山公園は静かな良い所なのに訪れる人も少ないようで、
草は生え放題。隊長のズボンに「ヒッツキボボ」がぁ・・・・

後、美峰稲荷神社奥の院へ。
ここもかなり荒れておりました。
後は帰るのみ。
時間どおりに駐車場へ到着でした。
今日は最近になく少人数で列もこじんまりと纏まっておりました。

Gps

今日はポパイさんからGPSの貴重な記録を頂きました。
便利になったものです。
今日も有難う~無事に歩けて感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

2010年9月27日(月)

第107回金華山を歩こう会

(登り)駐車場-観音口-東坂-岐阜城
(下り) 岐阜城-鼻高-西山-蔭山(横道)-南坂峠-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻、秘密のエイコさん(欠席)、リキヤさん、ASAKUさん
           竹中さんとお友達、与作さんとお友達、montanaさん、こうさぎさん、
           ポパイさん、清水さん、ふぅ

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋の空は男心?女ごころ?変わり易いお天気です。

雨を心配していましたが、朝から快晴。
涼しくなって秋が定着したような秋空の下の今日、
少し汗ばむ・・・そんな肌に時折の風が心地よい日でした。

高い空、透き通った空気。
アウトドアの季節の到来を感じながの3時間余でした。

夕方から雨になりました。
近い雨の間の束の間のちょうど良い一日でした。

1 2

歩き馴れたいつもの東坂登山道を一気に上ります。
今日は少しペースが早かった。
帰り道がかなり長丁場だから、それを見越しての3時間。
時間の配分も急がないと・・・

小休止の時にヤマガラが飛んできました。
餌を注文しているように逃げて行かない(*^_^*)人馴れしています。

3 4

お城に近い頃、
閻魔堂には今日は運よくお世話されている方に
お会いできました。氏子代表さんでしょう。
大宮町にお住まいとか、お札の管理、お掃除など、責任ある
お立場ですね。

「パワースポットはいろいろありますが、
金華山は山全体がパワースポットなのですよ」
な~るほど、元気をもらえるような気になりました。

メンバーの一人が、梅林公園で採取した梅を漬けて
持ってきて下さいました。梅を採ったのも楽しい思い出です。

5 6

今日は時間に厳しい。
集合も13:57とか・・・小刻みです(*^_^*)
下りは盛り沢山の道のりだから。
鼻高道は尾根歩きとはいえ登り下り、梯子、諸々あります。
ふと・・・・この道しるべは?
赤池道への下り口の標識でした。

7 8

道端にきれいなギフチョウが・・・と思ったら
単なるクロアゲハだったようです。
動かない、逃げないとおもったら、クモの巣に触れていました。
うまく逃げられるかしら?
道端のハギの花も山なればこそです。
可憐で色も優しく、花は小さい。

9 10

西山へ到着。
岐阜城ははるか彼方、あそこから来たのですね。
西山を下るのはいつものことだけど、苦手・・笑
ずるずる滑る滑る。
今日はもっとちゃんとした靴を履いてくるべきでした~後悔

11 12

蔭山は急登。今日は半分だけでした。
そして横道~遠かったけど、予定通りの時間に間に合うよう
南坂峠へ着きました。
ここまで来るとホッとした気分になります。

今日はまたゴーヤを頂きました。
良い汗をかいてゴーヤジュースを飲んで、
この会もますます元気になって行く気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

2010年9月19日(日)

第105回金華山を歩こう会

(登り)駐車場-七曲峠-七曲口-岐阜公園-馬の背-岐阜城
(下り)岐阜城-鼻高-大釜道-東坂峠-お迎えカエル経由-駐車場
                                  (西山-達目洞は時間の関係で省略)
           

参加者:歩き人さんご夫妻、ローズケイさん、mikffyさんご夫妻、ポパイさん、
           こうさぎさん、西南の風さんと奥さま、montanaさん、にいなさん、
           清水さん、ふぅ・・13名

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お彼岸も直前になって朝夕はすっかり秋の気配~

朝の涼しさの中で虫の声も静かに聞こえてきて
秋を感じる事が多くなりました。

でも、午後1時はまだまだ暑いです。
この日も31.7度でした。
でも、39度の猛暑に比べたら軽い軽い・・笑

山頂のふとした風が心地よく汗を引かせてくれました。

ふと・・・あ~忘れた~
カメラのメモリーがない・・・(;´Д`A ```
なので、今日は写真はナシ。

でも、心に残る風景は消えない。
遠くの山々が霞んでいた事、山道に咲いていた花も
秋の様相。

自然は正直ですね~風の色は秋色。
空気は透明になって、雲はイワシ雲。
そこここに秋を感じて、お喋りも楽しかった。

バスの時間の都合があって少し省略の部分はあったけど
きちんと4時前に帰ってくる隊長の御配慮でした。

Scan4

行程です。

Photo

今日は素敵なお土産。
奥さまからお花を頂きました。
ドライブフラワーにもなるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

2010年8月27日(金)

第102回金華山を歩こう会(初歩/初級)

(登り)駐車場-観音口-東坂-岐阜城
(下り)岐阜城-瞑想-★↓岐阜公園-七曲-掘割-駐車場

★15時から約30分[信長居館跡発掘調査現場]を見学♪

参加者:歩き人さんご夫妻、mikffyさん、ポパイさん、こうさぎさん、
            tyoromatuパパさん、リキヤさん、秘密のエイコさん、ゆみさん、
            grey pantherさん、しもやんさん、ふぅ・・12名

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
暑さが落ち着くと云う”処暑”も過ぎて
もう秋風が立つ頃になっても良いはずなのに・・・
今年の暑さは本当に異常です。
こんなに長く猛暑日が続くと云うのも
やはり地球温暖化のせいなのでしょう・・きっと。
老人子供だけではなく熱中症で亡くなった方も多いです。
一人ひとりが温暖化防止に気をつけないと。

そんな意味から熱中症対策と云う事で、休憩の意味も含めて
信長公居館跡発掘調査現場を見学の時間を
コースの中に取り入れていただけました。
近いのに、なかなか見学するチャンスがないので、うれしい
時間でした。

いつも歩き馴れた東坂峠へ。
そして山頂を目指します。

Y2 Y3

やっぱり今日も崖コースです・・笑
このコース、崖の上から見た今日の山々は最高にきれいでした。
暑いと云ってももう8月も終わり。
やっぱり、空が高くなってきているのかしら?
空もきれいです。

Y4

山頂、岐阜城の前の木が一本だけ枯れていました。
虫のせいですね~?虫は暑くても活躍するのですね。

Y5 Y6

下りは瞑想道。
瞑想と名づけられただけあって、哲学的な言葉が
書かれた看板が何本も立っていました。
かなり急登な岩場もありますし、ちょっと遠いですね。
足を引っかけたのも岩の急登でした。
でも、2日経った今日は跡かたもなくなり、すっかり回復です。

H1 H6

瞑想を下り切ったあたりはちょうど
ビニールシートで覆い、旗を立てた発掘現場です。
生憎休憩時間だったようでしたが、
発掘現場は岐阜市の社会教育課の方が説明して下さいました。

H2 H5

信長公は新しいもの派手なものがお好きだったようですが、
それでいて京都を意識されて作られたと云う居住区、お庭。
この碑の上に多分建っていたという確証も得られているようです。
いわゆる「千畳敷き」と言われるスペースですね。

巨石を使用した通路や石垣は戦国時代には珍しいものだったのです。
4年前から再開された発掘はまだまだ続いておりました。

H3 H4

この石崖も当時のものだそうです。
その頃、ポルトガルの宣教師、ルイス フロイスさんが岐阜を訪れ、
書いた文書には当時としては珍しい南蛮様式を取り入れた4階建ての華麗な御殿
となっているとか。
後世になって和訳されているそうです。

ゆっくり休んで時間も経って、
急いで七曲り~大堀切~東坂へと。
七曲りの途中で、やっぱりミステリーがありました。
やっぱり・・・・笑
愕かないけど・・・笑
何かないと淋しいですから・・・笑

そして、4時15分駐車場へ到着です。
皆様にご心配をおかけしてすみません!でも、本当に大した事なくて幸いでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

2010年8月17日(火)

第101回金華山を歩こう会(初歩・初級)

予定
(登り)駐車場-DW-掘割-七曲-岐阜城
(下り)岐阜城-七曲-DW-伊奈波山(横道)-鴬谷-時鐘楼--DW-掘割-駐車場

変更後
(登り)駐車場-DW-掘割-唐釜道-ミステリー-格子門-山頂
(下り)山頂-七曲り-大堀切-横道-西山182ピーク-養老院-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻、ポパイさん、こうさぎさん、リキヤさん、
           与作さん、キットさん、ゆきちゃんさん、ふぅ・・9名

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時ならぬ大雨、長雨が続いて少し涼しいのに体が慣れたころ、
また、猛暑が戻ってきて・・・・
昨日・今日は37度を超える暑さ。
暑いですね~それだけで疲れます(*^_^*)

それに午後1時の集合は暑い盛り。
「ここへ来るだけで疲れました」
「登った事にして、終わりにしましょうか・・」笑
冗談とはいえ、隊長のそんな言葉が口を出るほどでした。

私の体温より高い気温。じっとしているだけで汗が出ます。

2 1

登り口・岩戸の滝の所でロッククライミングの練習をなさっている方がいました。
岩を伝って流れる水が涼しいと感じるのかしら?
きっとそんな事わからないほど夢中なのでしょうね。

「大体予定通りで行きます」
あ~~今日は暑いのでぼちぼち行くのかな?
と思ったとたんに、すぐに、大堀切を超えたあたりで最初の予定変更?
ここからは、気の向くままに・・・と云った感じでした(笑)
直登は厳しいけれど、時間が短いのでそれなりに嬉しい。

6 3 4

先頭がゆっくり行っていただけるので、一息つける時間があり、
良かったのですが・・・・
あと少しで格子門と云う所でハプニング。
突然気持が悪くなってしまって・・(;´Д‘A ‘‘‘
一枚脱ぎ、薄着になって、水分、塩分補給で生き返った感じでした。
暑さを甘く見てはいけないですね・・・本当に。
付き合っていただいた女性4名の参加者のみな様~(^人^)感謝♪です。
そして、5分。すぐに元気が戻ってきました。

帰りは七曲りから182ピークを目指します。
ここは何回通ったかしら?
もう馴れた道です。何だかすぐに到着した感じでした。

9 10

西山三角地点からは見えた景色。
夏の葉っぱはミドリも濃くて、その間の遠景は澄んだ青い空の下に
遠くて小さい岐阜城が存在を主張しているかのようでした。

凍らせたパイナップルを頂き、口に含む(*^_^*)
あ~~~幸せ。パワーが戻った気がします。
奥さま~有り難うございました。

7 11

下り道は養老院を目指したのですが、
道は荒れ放題でクモの巣も張り放題。
先導の隊長は木切れを拾ってクモの巣を払いながら・・・苦闘でした。
はじめは急ながら足を置く岩もあったのですが、
途中からはザレ場、それに枯葉の敷き詰め。
ずるずると何度滑った事か・・・(w_-; ウゥ・・
それでも、歩き方を教えてもらいながら、やっと車道へ。

12

駐車場あたりから見た今日の岐阜城の風景です。
空はどこまでも青く、今日の心を映しているようでした。
暑い暑いと云ってないで、参加して本当に良かった。
「終わりがちょっと厳しかったね」
((-_-。)(。-_-))イエイエ・・心地よい疲れです。

与作さんから自家製のゴーヤを頂きました。
今までのイメージとは全然違う~おいしいし、苦味も苦になりません。
隊長のゴーヤジュースもファンになるかも知れません・・笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

2010年7月26日(月)

第2回長良川鵜飼観覧

集合:午後5時、岐阜公園内・女神の噴水前集合。
解散:午後9時頃、鵜飼観覧待合所前で流れ解散。

参加者:歩き人さんご夫婦、ポパイさん、こうさぎさん、まささんご夫婦、美染野さん、
           tyoromatuパパさん、きよさん、やまとゆうほさん、たっち!さんとお友達、
           うのさん、竹中さん、与作さん、三の丸さん、wakanaさん、
           ゆみさん、清水さん、ふぅ・・20名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岐阜の鵜飼は1300年の時の流れを超えて、いにしえが今も息づく
幽玄の世界です。
鵜と鵜匠さん、とも乗りさん、なか乗りさん3人との見事な
チームプレイは尊厳ともいえるほどの感動に思わず引きずり込まれる世界でした。

戦前は天領だったと云う長良川の一部。
今も皇族の方がいらっしゃいますと、特別の区域で
ご覧になります。
それで、鵜匠さんの正式な職名は宮内庁式部職鵜匠と言われ、
宮内庁に属しておられるのですね。

鵜飼用具一式は国の有形民俗文化財だそうです。

1 2

日沈むころ鵜匠さんによる鵜飼の説明が始まります。
6:00乗船。

3 4

私たちが乗った「景雲丸」は今年完成したて進水されたばかりの
木の香りもするような鵜船。豪華でした。
従来の正座ではなくて掘り炬燵式で、快適な船上の3時間余。
1300年を偲ぶようなまったりとした時間でした。

6 7

流れに逆らって舟を漕ぐ船頭さんはきっと重労働でしょう。
時にはモーターボートに牽引される時もありました。
Ukaki4_2 Ukaki3_2 Ukaki8_2
Ukai5 Ukai6 Ukaki

食事をして待つこと約2時間。
カンパ~~イ!
音頭も待ち遠しいように、すぐに盛り上がった会話。笑い声。
会話も弾け、和やかなうちに時間もあっという間に過ぎて・・・・
やがて、川の水を赤々と染めて鵜飼船が下ってきました。
船頭さんが近くへ船を寄せて下さり、鵜の様子、鵜捌きなど
よく観察でき、鵜と目が合う瞬間も(笑)感動でした。

13 14

そして総絡み。
6艘の船が横隊になり、浅瀬にアユを追い込んで、巻き狩りをします。
「ホウホウ」とかけ声。鵜飼の醍醐味、最高の時です。

Ukaki2 Ukaki9

お仕事を終えた鵜たちは鵜匠によって労われていました。

15_2

今日の鵜が捕ったアユ。
箱に入れて見せていただきました。
鵜ってなんだ可哀そう。せっかく捕ったアユを取られてしまうなんて。
でも、あとからご褒美に美味しいお食事を頂くのでしょう。

「おもしろうて やがて哀しき 鵜飼かな」
いみじくも松尾芭蕉王翁の句が実感として思い出されました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

2010年7月18日(日)

第98回金華山を歩こう会(初級)

予定は
(登り) 駐車場-観音口-東坂-唐釜-七曲-岐阜城
(下り) 岐阜城-鼻高-大釜-達目洞-黒地蔵-南坂峠-駐車場

変更後
(登り) 駐車場-西山-西山182mピーク-DW-大堀切-唐釜-上格子門跡-岐阜城
(下り)岐阜城-鼻高-大釜-達目洞-バラ園-東坂峠-駐車場       

参加者・歩き人さんご夫妻、亜月さん、やまとゆうほさん、りょう61さん、
           りょうさんのお友達、wakanaさん、きよさん、うのさん、リキヤさん、ふぅ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の隊長はいつにも増して張り切っておられました。
「黒地蔵なんて、行ってもね~笑~すっかりコースを変更します」
メンバーが良かったのか(笑)・・・多分。全く違うコースになりました。
それで、ミステリーの連続(*^_^*)
そして、山道が川になってたりして、思わぬアクシデントにも
良い経験をさせてもらいました。

それにしても暑かったです。
張りきり燃えてる女性陣が多かったし、話も活発でした。
皆、汗びっしょり。ビジョ美女集団でした。

3 2 4

岩戸駐車場から西山へ直行。クモの巣を払ったり、気を潜ったり。
お天気の良い西山からの眺めは最高でした。
大堀切で瞬時のミステリー、唐釜の途中でやや大きいミステリー・・笑

K1 K2 K3

唐釜道へ入る手前は木々の間で、日光が当たらないせいか
キノコの集落の様でした。

1

今日の山頂からの眺めです。
久しぶりに視界が大きく開けたように感じたのは
急に梅雨明けして、最高に暑い日だったからでしょうか?
雲もすっかり夏の雲でした。

B5 B1 B3 B2 B4 B7

帰り道は大釜を通って達目洞ヒメコウホネを見に行くつもりだったのに
あふれている水のために断念。
バラ園で少しの時間を頂けました。

お世話、管理をされている方に偶然出会いました。
いつの間にかギャラリーも出来ていたのですね。
本当に植物を愛して、ゲイジュツを理解されています。

帰りを急いで、定時を少し遅れただけで岩戸観音に到着。
危険な個所はないけど、沢山歩いた気持ちでしたが歩数は17000ほど。

その割に気を遣う道が多かったせいか、やや疲れました。
今日も感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

山歩き