« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

2010年8月27日(金)

第102回金華山を歩こう会(初歩/初級)

(登り)駐車場-観音口-東坂-岐阜城
(下り)岐阜城-瞑想-★↓岐阜公園-七曲-掘割-駐車場

★15時から約30分[信長居館跡発掘調査現場]を見学♪

参加者:歩き人さんご夫妻、mikffyさん、ポパイさん、こうさぎさん、
            tyoromatuパパさん、リキヤさん、秘密のエイコさん、ゆみさん、
            grey pantherさん、しもやんさん、ふぅ・・12名

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
暑さが落ち着くと云う”処暑”も過ぎて
もう秋風が立つ頃になっても良いはずなのに・・・
今年の暑さは本当に異常です。
こんなに長く猛暑日が続くと云うのも
やはり地球温暖化のせいなのでしょう・・きっと。
老人子供だけではなく熱中症で亡くなった方も多いです。
一人ひとりが温暖化防止に気をつけないと。

そんな意味から熱中症対策と云う事で、休憩の意味も含めて
信長公居館跡発掘調査現場を見学の時間を
コースの中に取り入れていただけました。
近いのに、なかなか見学するチャンスがないので、うれしい
時間でした。

いつも歩き馴れた東坂峠へ。
そして山頂を目指します。

Y2 Y3

やっぱり今日も崖コースです・・笑
このコース、崖の上から見た今日の山々は最高にきれいでした。
暑いと云ってももう8月も終わり。
やっぱり、空が高くなってきているのかしら?
空もきれいです。

Y4

山頂、岐阜城の前の木が一本だけ枯れていました。
虫のせいですね~?虫は暑くても活躍するのですね。

Y5 Y6

下りは瞑想道。
瞑想と名づけられただけあって、哲学的な言葉が
書かれた看板が何本も立っていました。
かなり急登な岩場もありますし、ちょっと遠いですね。
足を引っかけたのも岩の急登でした。
でも、2日経った今日は跡かたもなくなり、すっかり回復です。

H1 H6

瞑想を下り切ったあたりはちょうど
ビニールシートで覆い、旗を立てた発掘現場です。
生憎休憩時間だったようでしたが、
発掘現場は岐阜市の社会教育課の方が説明して下さいました。

H2 H5

信長公は新しいもの派手なものがお好きだったようですが、
それでいて京都を意識されて作られたと云う居住区、お庭。
この碑の上に多分建っていたという確証も得られているようです。
いわゆる「千畳敷き」と言われるスペースですね。

巨石を使用した通路や石垣は戦国時代には珍しいものだったのです。
4年前から再開された発掘はまだまだ続いておりました。

H3 H4

この石崖も当時のものだそうです。
その頃、ポルトガルの宣教師、ルイス フロイスさんが岐阜を訪れ、
書いた文書には当時としては珍しい南蛮様式を取り入れた4階建ての華麗な御殿
となっているとか。
後世になって和訳されているそうです。

ゆっくり休んで時間も経って、
急いで七曲り~大堀切~東坂へと。
七曲りの途中で、やっぱりミステリーがありました。
やっぱり・・・・笑
愕かないけど・・・笑
何かないと淋しいですから・・・笑

そして、4時15分駐車場へ到着です。
皆様にご心配をおかけしてすみません!でも、本当に大した事なくて幸いでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

2010年8月17日(火)

第101回金華山を歩こう会(初歩・初級)

予定
(登り)駐車場-DW-掘割-七曲-岐阜城
(下り)岐阜城-七曲-DW-伊奈波山(横道)-鴬谷-時鐘楼--DW-掘割-駐車場

変更後
(登り)駐車場-DW-掘割-唐釜道-ミステリー-格子門-山頂
(下り)山頂-七曲り-大堀切-横道-西山182ピーク-養老院-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻、ポパイさん、こうさぎさん、リキヤさん、
           与作さん、キットさん、ゆきちゃんさん、ふぅ・・9名

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時ならぬ大雨、長雨が続いて少し涼しいのに体が慣れたころ、
また、猛暑が戻ってきて・・・・
昨日・今日は37度を超える暑さ。
暑いですね~それだけで疲れます(*^_^*)

それに午後1時の集合は暑い盛り。
「ここへ来るだけで疲れました」
「登った事にして、終わりにしましょうか・・」笑
冗談とはいえ、隊長のそんな言葉が口を出るほどでした。

私の体温より高い気温。じっとしているだけで汗が出ます。

2 1

登り口・岩戸の滝の所でロッククライミングの練習をなさっている方がいました。
岩を伝って流れる水が涼しいと感じるのかしら?
きっとそんな事わからないほど夢中なのでしょうね。

「大体予定通りで行きます」
あ~~今日は暑いのでぼちぼち行くのかな?
と思ったとたんに、すぐに、大堀切を超えたあたりで最初の予定変更?
ここからは、気の向くままに・・・と云った感じでした(笑)
直登は厳しいけれど、時間が短いのでそれなりに嬉しい。

6 3 4

先頭がゆっくり行っていただけるので、一息つける時間があり、
良かったのですが・・・・
あと少しで格子門と云う所でハプニング。
突然気持が悪くなってしまって・・(;´Д‘A ‘‘‘
一枚脱ぎ、薄着になって、水分、塩分補給で生き返った感じでした。
暑さを甘く見てはいけないですね・・・本当に。
付き合っていただいた女性4名の参加者のみな様~(^人^)感謝♪です。
そして、5分。すぐに元気が戻ってきました。

帰りは七曲りから182ピークを目指します。
ここは何回通ったかしら?
もう馴れた道です。何だかすぐに到着した感じでした。

9 10

西山三角地点からは見えた景色。
夏の葉っぱはミドリも濃くて、その間の遠景は澄んだ青い空の下に
遠くて小さい岐阜城が存在を主張しているかのようでした。

凍らせたパイナップルを頂き、口に含む(*^_^*)
あ~~~幸せ。パワーが戻った気がします。
奥さま~有り難うございました。

7 11

下り道は養老院を目指したのですが、
道は荒れ放題でクモの巣も張り放題。
先導の隊長は木切れを拾ってクモの巣を払いながら・・・苦闘でした。
はじめは急ながら足を置く岩もあったのですが、
途中からはザレ場、それに枯葉の敷き詰め。
ずるずると何度滑った事か・・・(w_-; ウゥ・・
それでも、歩き方を教えてもらいながら、やっと車道へ。

12

駐車場あたりから見た今日の岐阜城の風景です。
空はどこまでも青く、今日の心を映しているようでした。
暑い暑いと云ってないで、参加して本当に良かった。
「終わりがちょっと厳しかったね」
((-_-。)(。-_-))イエイエ・・心地よい疲れです。

与作さんから自家製のゴーヤを頂きました。
今までのイメージとは全然違う~おいしいし、苦味も苦になりません。
隊長のゴーヤジュースもファンになるかも知れません・・笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »