« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月 4日 (火)

2010年5月4(火)

第86回金華山を歩こう会(初級・・お好み・焼きそば・・コース)

登り: 駐車場-岩戸観音-東坂-岐阜城
下り: 岐阜城-百曲-末広町(佐野屋)-秋葉神社-
        美峰稲荷公園-伊奈波山-DW-七曲峠-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻、ぽぱいさん、こうさぎさん、西南の風さんと奥さま
           ハマさん、うのさん、木下さん、清水さんとふぅ・・11名

----------------------------------------------------------------

気温がぐんぐん上がって今日は真夏日寸前の29.5度。
暑かったですね~
口から出る言葉は「暑い・・・」が何度あった事か(*^_^*)
本当に良い汗過ぎた感じでした。
初めてお会いした木下さんは飛騨の山奥ご出身だそうで、
日々の生活の中に山がすっかり溶け込んでいらっしゃいます。
本格的な山男さん・・・
雪の中、犬を頼りのトレッキングのお話も私には別世界で興味津々でした。
金コミュもすごくレベルアップして、頼もしい会に発展しつつあります。

今日のルートはは珍しく(笑)予定通りでした。

1

東坂で水分補給。
標識はこちらが岩戸方面、ここが達木洞方面
こちらへ行くと岐阜城。
道標は何かしら?妙見宮への道しるべ。
長い年月に耐えて消えかかっていますし、
今は東坂峠と云っていますが、ここは妙見峠なのです。

2 3

ビューポイントから見た山々。
ツブラジイが少しずつ黄色くなってきておりました。
左に眺める岐阜城は今日はくっきりきれい。
タカのシーズンはもう終わったそうですが、今日もカメラを立てたマニアがレンズを覗いていらっしゃいました。

4 5

少し足並みを調整です。
暑さのせいで、思うように登ってこれません。
岐阜城の下の藤の花も終わったようで、すっかり初夏の気配。
小休止の後の集合は14:00。6

百曲り道を降り切ったところに見える正法寺大仏殿。
ここは意外と知られていない紙の大仏殿なのです。
木と竹と粘土で型を作ったものに経典が書かれた和紙を貼り金箔で仕上げる珍しい作り方が「カゴ大仏」と呼ばれている所以。
その体内には木造の薬師如来像が安置されています。
災いから庶民を守るために建立されたという黄金色に輝く高さ約14mの大仏。
奈良、鎌倉の大仏と並び、日本3大仏の1つと言われているのですよ(*^_^*)

7 8

今日のメイン。
おなじみの佐野屋さんです。
今日は選べるメニュー(^_^)お好み焼き or 焼きそば。
私は初めての焼きそばを・・・(>_<)

14 9_2

少し道を戻って、秋葉神社・美峰稲荷神社の鳥居の横を通り
公園でおやつタイム。運動したお腹に焼きそばは美味しかったです~
・・・が、多い。お野菜が高価なのにキャベツがどっさり入っておりました。

10 11

重いお腹を抱えて、伊奈波山への上りを。
緩やかなジグザグの道が続いておりました。
でも、ここ、人が通った形跡が殆どない。
良い道なのに・・・・・

空を仰ぐとツブラジイがもう咲いている場所もありました。

12 13

奥の院かしら? 素朴で、寂びれているけれど、ちゃんとお手入れもしてあって、
ひそやかな信仰の心を感じました。
DWを沢山歩き、下山して、改めて七曲を掘割まで。
そして岩戸へ降りてきました。

Syaga Syaga2

あちこちでシャガの花が咲き誇っているのを見つけました。
花言葉は「決心」「私を認めて」だそうです。
意志の強そうなお花。私も見習いたい気持ち・・・笑

今日も意義ある一日を有難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »