« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

2010年4月25日(日)

第85回金華山を歩こう会(初・中級 ”いい汗かこう”コース)

登り: 駐車場-岩戸西山-掘割-七曲口-岐阜公園-馬の背-岐阜城
下り: 岐阜城-瞑想の分岐点-鼻高HC-大参道-東坂-駐車場

参加者:歩き人さんご夫妻 ポパイさん こうさぎさん きっとさん ゆきちゃんさん
           西南の風さんと奥さま(そよかぜさん)g.pantherさん ハマさん ふじさん 
           myumyuさん korokoroさん 清水さん ふぅ・・・ 15名 
 
―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもおなじみの方も多く、本当にお久しぶりの方、
はじめお目にかかる方も数名、今日は総勢15名の大世帯(o^∇^o)ノ
それに、これ以上ないと云う程の上天気。 
「良い汗かこう」のテーマ通り、文字通り岐阜公園側 随一の急登を、
楽しんで登りました。

11 13 12

13:00 駐車場からいきなりの裏山へ・・・(;´Д`A ```
ここ、下った事はありますが、登るのは初めて。
一気にザレばの急登を上り詰めると見晴らしの良いポイントへ。
あそこが新しい道、この山が例のあの山(*^_^*)

14 15 16

さらに上がって142mの岩戸西山ピークへ。
ここへ来る間に今では金コミュ伝説になってる(笑)あの崖も通りました。

18 17 19

やがてDWに出て、掘割に。
何度も通っているのに、このあたりの歴史について
詳しく知りませんでした。掘割の所以をお聞きして、な~るほどと妙に感動しました。
太古はここは海だった・・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。
「さぁ・・・ここを登ります」
さっと崖を登られる隊長。
あとに続き始めた時、後ろの方から「馬の背は・・・?」
そうでした(*^_^*)今日は馬の背を登るのがメインです。

20 21 22

一度岐阜公園に下りると、、、
公園の藤棚は今、満開~真っ白い藤が今を喜んでいるかのように
きれいに咲き誇っておりました。

23 24 25

馬の背へ登る道すがらです。
3重の塔も若葉、新芽が伸びきり色、香りを添えて、
時期を主張です。こんな滝、今まで気付かなかった・・・(;°°)

27 28 32

今日の山頂から見た風景。やっぱり少し霞んでおりました。気温が高いからかしら?
15:00が集合時間。一息入れます。帰りは瞑想へ降り、分岐点から鼻高へ。
いつもの2つの梯子は何度通っても、恐る恐るです・・・笑

30 31 33

鼻高のビューポイントでは隊長、g.pantherさんから説明を聞く時間のゆとりもあって、余裕。

34 35 36

峰上の交差点から大参道を降りて、東坂峠でカエルの出迎える裏道を選んで、岩戸へ。
16:15 楽しい充実の時間でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

2010年4月21日(水)

第9回大人の遠足 花の百名山・藤原岳1130m 滋賀県、三重県の境界

はじめての一般メンバーコミュイベント・大人の遠足・藤原岳登山。
イベントマスターのりょう61さん、計画から、お気配り、お骨折りいただきまして、
有り難うございました。心より感謝です。

参加者:りょう61さん 歩き人さん御夫妻 ポパイさん こうさぎさん RIKOさん
           g pantherさん リキヤさん montanaさん たっちさん 竹中さんお二人
           山びぎな~さん、清水さん ふぅ・・・・     15名

Map 

登山コース:
集合場所:聖宝寺境内駐車場9時10分集合
聖宝寺登山口9時15分ー藤原岳避難小屋12時 (昼食タイム~12:45まで)
ー天狗岩ー避難小屋  
下山開始避難小屋13時25分ー8合目14:25ー分岐から大貝戸道を下山ー
大貝戸登山口着 16時30分ー登山口休憩所ー流れ解散

F1 F2 F3

家を出たのが7:00.穂積駅で拾ってもらって、一路藤原町へ。
順調に集合場所へ着けそう・・・
登山口近くなってポパイさん、こうさぎさんが歩いておられる姿を確認~
駐車場をお聞きして、小学校の駐車場へ。
鳴谷神社あたりで岩戸組の方を見つけ、すぐに多度組の方も集合。
~皆で鳥居をくぐり、石段を登り聖宝寺へ。
ここで三重県の山びぎなーさんと合流、全員集合です。

F5 F6 F7

標識に沿って聖宝寺道を一気に急登を。
前日の雨のせいで、道はぬかるんでおりました。
渓谷に沿って、すがすがしい空気の中を急登が続きます。
あたりは雑木林・・・スギやカヤかしら?
滝も水が多いようです。
そして、長名水と云う名の水飲み場・・・本に載っていたなぁ・・でも、水を飲むのが難しそう・・・・

F8 F9 F10_3

このあたりガレ場が多いです~沢山歩いたのに、やっと3合目です。
小休止を頂きました。ここは裏登山道らしい・・・
見晴らしの良くなるのはまだまだ先ね(*^_^*)

F12 F13 F14

5合目を過ぎると日のあたる道になりましたが、相変わらず急登が続いていました。
フクジュソウが現れ始め、バイケイソウはめちゃ小さい~
気温が低いからかしら?
登りはじめて2時間ほど、やっと8合目の合流点に到着。

F15 F16 F17

ここからが結構遠かった気がします。
でも、もうすぐ避難小屋の楽しみで足取りもやや軽くなりました。
避難小屋は思ってたよりきちんとしていて、快適~でした。
急にガスがかかってきて、あたりの視界はあんまり良くないです。
あちら方面に伊吹山が見えるはずとか・・・(o^∇^o

F18 F19 F20

12:00お弁当タイム。
今日の山小屋は私たちだけ、貸し切り状態・・・(>_<)
お花見会の例で お湯を沸かして頂きました。
ガスバーナーを持ってきていただいた歩き人さん、ポパイさん、りょうさん、
g・pantherさん、ありがとうございます。
風が強く寒かったので、本当に嬉しいサービスです~

F21 F22 F23

12:45 天狗岩へ向かって出発~外は強い風。
真っ白な大きい雲の塊が目の前を移動していきました。
こんな光景~~この時間、何物にも代えがたい至福の時間です。
目に焼き付いて離れない。

H9 F26 F25

木々も寒そうな道を約20分で天狗岩に。
360度の展望はのぞめなかったけど、強い風でガスが飛ばされて、藤原岳展望台が一瞬見えました。
あそこ~~と教えてもらって、尖った山が山頂展望台だそうです。
ここは三角地点と云うのはないのですね。
でも、この天狗岩が最高地点。

F27_3帰路は八合目から、表登山道・大貝戸道を下りました。
ガレ場・急登を通過する聖宝寺道に比べ、林の中を歩きやすい道が続きます。
殆ど苦労ない緩やかな道だったのに、
膝を痛めて、途中から歩幅が遅くなってしまって・・・遅れて申し訳なかったです。
下りの足の運び方が下手な私。・・・(;´Д‘A ‘‘‘
あれこれ指導していただき、有り難うございました。

H1 H3 H4

お花の時期はどうかしら?と思っていましたが、
3合目あたりからカタクリの花がぼつぼつ見れました。
そして、藤原の代表花、フクジュソウも上へ上がるにつれて沢山見られ、
時には群生しておりました。

H2 H5 H6

何気ないお花にも心を癒されます。
ネコノメソウ、それから・・・・(*^_^*)
参加のみな様、今日も有難うございました。
また一つ、貴重な思い出のページが増えました事を感謝しながら・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

2010年4月13日(火)

第4回金トレ

コース:岩度観音→東坂峠→達木洞方面へ→黒地蔵方面へ
達木洞へ戻って大参道→鼻高→山頂→東坂へ下りる

参加者:歩き人さんご夫妻、西南の風さんご夫妻、た~こさん、
wakanaさん、清水さんとふぅ・・計8名

前日の歩き人さんからの13日に決行のメールに
急いで予定を入れ替え参加する事にしました。私にとっては初めての「金」トレです。

金コミュの「筋トレ」= 「金」トレは、あらかじめ歩くコースを決めない。
金コミュのテーマである『金華山のある日常♪』の具体化で、
当日のお天気を見て、任意で集まった人たちだけがブッツケ本番で行う、
文字通り“自然のジム・思いつきトレーニング”の意味(*^_^*)

2 29

はじめは岩度観音から東坂峠へ。
久しぶりに道標を見て、いにしえから何人の人がここを歩いたのでしょう・・・
と、思いを新たにしました。信仰の道ですね。

3 4

達木洞方面へ降りて行く道沿いに新しい芽吹きを見つけました。
年に何度もない自然の恵みですね。
そして、私達もほんの少しお裾分けを頂きました(笑)

5_2 8 26 

達木洞から黒地蔵方面へも足を伸ばしました。
昨夜の雨で道がぬかるんでいる
・・・(・・*))((*・・)いえいえそれ以上です。
殆ど川になっている個所も出会ったりしました。
伸びきったタカノツメにこんな風に無防備に伸びてほしいと願ったり・・・(*^_^*)

27 28

先を急ぎます。大釜道を登って鼻高へ見落としそうな大釜道の入り口。
手書きの看板が新しくなっていました。でも小さいし・・・笑

1 11

稜線に出て、すぐに峰上の交差点。岐阜城も先の方に見えてきました。
梯子を二つ超えて、瞑想道と合流して、さらに近くなった岐阜城。
このあたりミツバツツジが山全体に点在して、春を感じさせていました。
向こうの山頂に岐阜城が見えます。思わず感嘆の言葉。
少し遅れて山頂で4:05。東坂を下りました。

21 23 H4
奥様から頂いたサンチェ、それと天の恵みのおすそ分け、コシアブラ。
岩田家のソメイヨシノはもう葉っぱが出始め
もう初夏のおとづれを感じさせてくれてました。
30 H1 H3

お花もすっかり春でした。

登り口でいきなり見つけたサルノコシカケ、スミレ、ツツジです。
少し風邪が残っていたのに、
皆さんと歩く金華山で、完治した気分です。
今日も有形、無形頂いたものは数知れません。
この気持ちを忘れないで、今日もありがとうの言葉とともに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »