« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009/07/29

暑中お見舞い申し上げます

Syotyu
暑中お見舞い申し上げます。
異常気象の今年の梅雨、まだまだ続きそうです。
どうぞ、お体をお愛い下さいませ。

画像、よろしければ、どうぞお持ち帰り下さいませ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

斑入りトウガラシ

3 4
植物は食用も多いですが、食用なのに観賞用の植物って、以外に多いのですね。
先日いただいた斑入りトウガラシは本当にきれいで、お部屋のアクセントです。

「食べられません」というタグが付いていました。
・・・が、元々好きな香辛料。
気になって1個千切って食べてみました。
香りも、辛さも申し分ありません。
2日過ぎて、私は体調が悪くもならないし、
あのタグは何だったのかしら?

調べてみると、あやふやなのは安全のため、ああいった表示がされるようです。
雨続きで心も湿りがちの昨今、あたりに良い香りを漂わせて、
癒やしの植物になっています。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/25

郡上八幡

郡上八幡は400年の歴史ある城下町です。
岐阜県でも奥美濃、山合いの長良川上流に静かに息づいてきました。
セセラギの音が清く胸に清々しく響き、その水は澄んで、
心を洗ってくれるようです。
時間が止まる、慌しい世の中の移り変わりを忘れる静かな時間。
少しだけでしたが、毎日の慌しさの中にいる自分を
振り返らせ、ちょっとだけ立ち止まらせてくれた、そんな時間を持てた事、
人生の潤いのようでした。

あと半月もしますと、徹夜郡上踊りで人口も膨れ上がり、別の顔になる町。
いろんな顔を持っている郡上の魅力です。

Gujyo_2 Gujyo2 Gujyo3 Gujyo4

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009/07/21

Katu
混声合唱団「暁」
浄土真宗のお寺の住職をなさっている友達が参加、
発足されてもう10年になりました。
長いようなあっという間だったような月日です。
キリスト今日も賛美歌もそうなのですが、
この仏教音楽もまた、宗派を超えた心の安らぎを感じます。

命の尊さを歌う仏教賛歌。これを通して、生きると言う意義を
問いかける歌詞。
「わが胸に安らぎを」「二度とない人生だから 」
「いのちがあなたをいきている」・・・等々
静かに聴く音楽。2時間でしたが、
外部と切断だれたような別世界に入ったようでした。

アンコール曲は中学生の課題曲「手紙」
10代から70才代までのメンバーによる「手紙」、素敵でした。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/19

集六人展

1
岐阜では名の知れた某R画廊さんがこの展覧会を最後に休廊に入られ、2~3年後新たな地で再スタートされるとの事。
それまで充電され更に豊かなセンスの画廊としてオープンされます事と信じています。
この地での最後に相応しい落ち着いたそして、豪華なメンバーの展覧会でした。
書の額装などはオーナーさんが自ら手がけられたと言う事です。
長年の人形作家の友達が請われて出品しているので、初日の昨日行ってきました。
竹工芸、書、紙塑人形、陶人形、それに日展会友のの方の日本画・・・
会場は大勢の人手大賑わいでした。

友達の作品です。
2 3 4
翁人形は香炉~人目惚れです~
そして、童人形は益々表情が豊かに、彼女のトレードマークのふくろうはあたらな装いで、模様も斬新です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/17

金華山

毎月第2土曜日に同級生で登っている金華山。
6月は参加出来なかった・・・・・
2ヶ月ぶりの北6金華山になります。
梅雨時のいや~な蒸し暑さの中、
気温もぐんぐん上昇。上るにつれて疲れも急増。
久しぶりのせいかしら・・・きっとそう(^_^)。
歩きなれた道なのに、この日は何だか疲れました。

1
この日の周辺の様子。
周りの山々は遠くまで、岐阜県の福井県堺、濃郷白山の頭も見えていました。
今の時期、さすがに雪はないです。
長良川は少し増水かな?
ここへ来て、この景色を眺めると達成感と言うかほっとする気がします。

22

馬の背は三重の塔を真上に見て上り始めます。
この塔はずっと放置してあり、中も荒れた倉庫状態だったのを
最近、岐阜市のある団体により整備され、
周りにはサクラの木も植えられました。
地元の小学校の卒業生の方々です。
きれいに整備すると言うのに、市の方との折衝が難航したようです。
公と言うのは我々が考えているよりはるかに難しい~です。

2

岐阜城の資料館前に植えられた千成瓢箪。
日に日に大きくなっていきます。
暑い夏の日、この下で涼を取る。
ロープウエイで登ってきた人たちにも人気のスポットです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/08

飛騨へ

1飛騨方面へ出かけました。
朝、前夜の雨がやや上がっておりました。
迷った末、合羽を着用です。

手元がやっと見える明るさの中、本流第一のポイントへ。
朝の川は心地良い寒さです。合羽が防寒になりました。
久しぶりの竿の感触はやっぱり良いものです。
教えてもらった場所で、小さいけれど、とても綺麗なアマゴを数匹ゲット。
でも、お呼びでないウグイもそれ以上に掛かって、餌がどんどん減っていきました。

2_3釣れたアマゴはすごくキレイ~o(*^-^*)oニコッ!
先日、いただき損ねた三五八漬けにしてみようかしら?
レシピを教えてもらいました。

長い間釣ってたような気がしました。
でも、時計はまだ7時です。
移動して、支流へ。

5 6

ここで、ハプニング。
ウエダに穴が・・・・・・
水が少しずつ入ってきて、足は足湯状態。
水は入ってきても、出て行く事を知らない・・・
そうですよね。そのための防水なのですから・・・
靴下も下ズボンも着替えて、今日はこれで終わったのかしら?
ちょっと淋しいですが、ウエダはゴミになりました。
この次からは夏用のウエットになります・・(>_<)

最後に行った堰堤。
私は見てただけ。
水は冷たいそうですが、魅力あります。
心が動く場所でした。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »