« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009/05/24

金草岳

冠峠から金草岳へ
大垣を出発したのは7時30分。
揖斐川に沿って303号線を上がり藤橋村から新しい道を。徳山ダムを左手に見て、新しいトンネルを幾つも過ぎ、冠峠に到着。9:40登山開始。
1
冠峠はこんな所。
県境なので、それに、町村合併で土地の名称も変って、石碑が沢山立っていました。

6 7 13
冠岳は尖ってよく見えますが、金草は反対側、ずっと奥のほう。
何度も登ったり下ったりして、やっと2等三角地点に到着。
ここまで出会った人はナシ。山頂でやっと二人連れに出会いました。
いい山なのに、人が少ない感じです。
この日は山は強風。歩くの以上に風との戦いの日でした。
往復6時間。
家に帰ったのは日の長い今の時期なのに、夕闇が迫っていました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009/05/20

赤沢自然林

1
長野県上松町赤沢自然休養林は木曽檜の供給地として有名な所。
今は新緑の美しい季節。、森林浴に最も似合う季節です。
お天気の良い日にこの中に身を置くと、森林の出す精気に
緑の癒しの効果で身も心もリフレッシュ。
木漏れ日を浴びながらこの地を歩く事が出来ました。

伊勢神宮式年遷宮の御神木にもここの檜が奉納されています。
木が美しいと言うだけではなく、林業の発展や木の文化を継承している重要な場所なのです。
歩いたのは山道。
このエリアは広いので、歩く場所は数多いですが、今回は峠越えもありました。

6_2 7_2
せせらぎはこんなにきれいです。

9 12
10 19
前夜の雨でぬかるんだ箇所もありました。
滑らないよう慎重に・・・です。
資料館ではヒノキの年輪による歴史も学習できました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/05/16

美術展

2創炎展2009年
ご案内をいただきました。
今年はわずか3日間の開催です。
鑑賞会の皆様とご一緒したいと思いながら、今年は2人で拝見させていただきました。

それぞれ、質の高度な作品ばかりです。
抽象画も沢山。
センスのない私には理解を超えているものもあって、同行の方に説明をしていただき、やっと納得。
感じる能力もセンスなのですね。

1 22
友達の作品は
モンゾー公園(パリ)
ダンベール広場より見るサキュレクール寺院
だそうです。

受賞者の作品は素晴らしいものばかりですが、この優しい風景画、私は好き。ほっと安らぎを覚えます。
外国へ行かれる機会も多いのですね。
今回もそんな作品でした。

それにしても、最近特に多くなった友達の作品展や音楽祭。
みなさま、心のゆとりが持てる世の中になった・・・と言う事なのでしょう。
それに、健康関連。
そういうものに心を向けて暮らせる今の時代に生きる私たちは幸せなのでしょうね~きっと。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/05/12

ヒメコウホネ

1

金華山の東・達木洞はヒメコウホネ特別保存地区です。
里山の風情を残した達木洞。
金華山を水源とする清らかな小川・逆川(サカシマ川)には夏の間黄色い可憐な花 「ヒメコウホネ」が花を咲かせるとか。
以前は田舎へ行けばどこにでも見られた小川です。
長良川は右から左へ、ここ逆川は左から右へ流れているので逆(サカシマ)川の名前がつけられのだそうです。
達目洞に自生するヒメコウホネは環境省に指定される絶滅危惧種なのです。

咲いた・・・と言う情報を得て、行ってきました。
5月10日。晴れ。
はじめて見たヒメコウホネは沢山の太陽の光を浴びて光るように、ひっそりと咲いていました。

4 8 7

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/05/07

金華山9.5.4

GW。
今年はETCサービスが始まり、遠出している人が多く、市内はきっと空いているのでしょう。
期待(?)に反して、家族連れで岐阜公園、金華山は大賑わいでした。久々にのんびりの金華山です。

3岐阜公園のシイの木も青々と新芽が息づいています。
新芽の色が変わって、微妙なミドリの織り成す風景と新芽の香りが季節の移り変わりを知らせてくれます。


2

岐阜公園の入り口近くに縄で区切ってこんな石碑が立っているのを見つけました。縄の中には桜の木。
金華一二三会が北見に桜を植林したのを記念しての碑。
平成8年。
あれからもうそんなに年月が過ぎたのですね。
昨日の事のようです。

それまではヤマザクラしかなかった常呂町にソメイヨシノが息付きました。桜前線の最北の地です。

6 7

公園を通り抜け、百曲がり道へ。
百曲がり上り口と登山道。
山道です。
危険な場所はないけれど、
少し荒れた箇所もあって、下りは慎重に・・・です。

8

モチツツジは今が見ごろ
今日の山頂は遠くの方が霞んでいました。
見慣れた風景。
晴れで無風。
あつ~い一日。

10 11

山頂からの帰り道。
この道は多分通った事がない記憶。
本丸井戸経由と言う下り道です。
少し下るとひっそりとした岩陰に本丸井戸が・・・・

籠城に備えての飲み水を確保するための井戸。
二の丸を挟んで西側に3ヶ所、東川に1ヶ所の井戸があるとか。
これが軍用井戸、本丸井戸です。
当時は水を沢山汲めたのでしょうね。
ふと、長い篭城には耐えられたのかしら?
と思ったり。

・・・・と、いうわけで、
今日は岐阜公園で少し遊んで、
登り50分
下り40分
本当に汗びっしょり、良い汗をかきました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/01

大垣音楽祭

3
時が止まったような時間でした。
大垣音楽祭。
コール・ペアーレの演奏会。

何部かの構成でしたが、
最初から気持ちが移行するような歌声。
「ノルウエーからの贈り物」グリークの「子供の歌です。
やっぱり宗教が浸透しているのでしょうか!
各所で神に祈る歌詞とメロディー。
可愛いけれど、真摯に祈る気持ちが溢れています。

Gloria RV589
アントニオ ヴィバルディーの名曲ですね。
エレクトーンでオーケストラの雰囲気をしっかりと出して、
女性3部合唱ははじめて聴きました。
難しいのに。。。。

欲張ったと言われる構成。聴く方にとっては充実の時間でした。
2

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »