« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009/02/26

福井へ

4 7 6

渓流が解禁になって、ずっと気になっていましたが、やっと福井へ行ってきました。
例年のように雪がなく、暖かいとは云え、まだ2月!
水は冷たいです。
それに雨が午前中から降り始め、合羽を通して、びしょ濡れになった気持ちでした。
車のバックを開けて火を少しだけ焚き、水を沸かし、温かいコーヒーを入れて飲んだときの幸せな気分。
それでも、今年の初釣がボじゃなくて良かったです。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/21

金華山

最近、「金華山を歩こう会」というのに入り、2月は3回参加しました。
裏側からというか、別の登り口からで、また、新しい発見が沢山あって、わくわくです。
こちらを別のBlogにしましたので、またご高覧いただけたらうれしいです。

http://fuu3.cocolog-nifty.com/kin

この日、従来の岐阜公園は久しぶりでした。
知らないうちに春の息吹きが感じられるようになって、見馴れているのに、何故か新鮮な感じ。
信長公の居住地あとの発掘も進んでおりました。

K1 K2 K4

梅も満開の木もあって、変化の早さに驚きです。
自然って不思議~です。
季節を誰よりも早く感じるものなのですね。

5 28 29

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/02/13

平湯大滝

H3_2凍った滝を見るために平湯温泉、大滝へ行ってきました。

ひるがのSAを通り過ぎる頃から雪が降ってきて、平湯は雪降りでした。
時には吹雪のように通り過ぎる雪。
大滝公園の建物にはツララなど・・・
暖冬のこの冬、はじめて見た本格的な冬景色、日本にもまだ四季があるのを実感して、 懐かしいようなほっとしたような気分になりました。

滝へ登る道は雪が凍っていて、時には滑りそうになったりして、それがまた、楽しく、ゆっくりと足を勧める先を急がないウオーキングも良いものです。

6_3 7_2


氷や雪のオブジェも作ってありました。
週末からの大滝祭では夜滝やこれらにライトアップされるようです。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/02/10

焼きたてバウムクーヘン

滋賀県のさるお菓子メーカーさん
本物の美味しさを追求されて、焼かれるこだわりのバウムクーヘン。
JR名古屋高島屋の入り口でも実技、即販売です。

いつも、待つ人の長い列を眺めては通っていましたが、この日はお見舞いで、時間に終われてなかったし、並んでみる事にしました。
案内の人に「40分くらいでご案内できると思います」と言われましたが、そのとおり40分の待ち時間。
それでも、列は長くなる事はあっても短くなりません。
これだけの人に愛されるお菓子。すごい~と感動です。

ガラス張りの向こう側で焼かれる様子を拝見しながら待つ時間。それほど退屈しませんでした。

F1


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/02/02

大三国志展

D4 D3
1月2日から名古屋松坂屋本店で開催されていた大三国志展。
2月1日・昨日が最終日でした。
招待券をいただいていたし、歴史の好きな夫と久々の展覧会です。

最終日だったからでしょうか?
朝10時、開店直後に到着したのに、美術館前は長蛇の列、幾重に折り重なっていたでしょう。
長い列の最終に並んで、30分後やっと中へ入れた感じ・・・本当にふぅです。

入り口で音声ガイドのヘッドフォンを借りました。
D5

「物語でたどる三国志」の場面が一つ一つ耳に入ってきます。
約1800年もの時代を超えて、劉備、関羽、張飛の3義兄弟や諸葛孔明等々身近に接した三国志が今、いっそう身近に思えました。
「三顧の礼」や「赤壁の戦い」など有名な場面を再認識です。

「出土品でたどる三国志」
中国ならではでしょう。
古戦場や史跡などから発掘された膨大な出土品。
武器、装身具、生活用品、副葬品などは三国時代の英傑たちの力というか華やかさとさえ言える力を、今見る私たちに伝えてくれます。

スケールの大きさ、展示物の豪華さ、三国志を歴史と文学の両方からの展覧会は世界初という事です。

時代を超えて、世界に入ってきた気持ち。
この時期なのに、汗ばむ感動をいただきました。

 


| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »