« 北海道のお土産 | トップページ | 洋画三人展 »

2008/11/18

写真展2008年

1 11

2 22

友人の後藤千秋さんの写真展です。
見せていただきました。
最近めきめき腕をあげらあれていて、各地で賞も取っておられます。
一瞬のチャンスを逃さない写真に対する真摯な姿勢に心惹かれるものがあります。
一枚の写真に賭ける執念というのがしょうか? その世界が完全に自分だけのものになるのでしょう。

|

« 北海道のお土産 | トップページ | 洋画三人展 »

コメント

 山岳写真を主に撮られるのでしょうか。
いい雰囲気が伝わってきます。
拝見したいものですね。

デジタルカメラ、フィルムの銀塩カメラ、どちらも撮られるのでしょうかね。

私もデジカメと機械式の一眼レフの両方を担いで行きます。

投稿: ビンタン バリ | 2008/11/18 19:41

私は鉄道写真を何枚も撮っていますが、鉄道写真にも一瞬のチャンスというのがあります。0.3秒違っただけで良くも悪くもなります。
明確なシャッターチャンスがわからない場合は連写機能を使うか、何枚か連続で撮る(連写機能不使用)のですが、シャッターチャンスを決めている場合は思い通りに撮りたいものですね。
シャッターチャンスを決めているのに連写機能を使うのは私にとっては論外です。1秒で10何枚も撮れるなら別でしょうけど。

投稿: ゴーハチサンポート | 2008/11/18 21:27

ビンタン バリさんheart02
山へご一緒したことはありますが、彼の場合はデジタルは見たことないです。
いつも機械一式をお持ちになって行かれます。

ビンタン バリさんもカメラ通ですね~(^_^)
バリ島の写真など、拝見したいものです。
きっと沢山撮ってこられてるでしょうね~

ゴーハチサンポートさんheart02
鉄道写真も一瞬のチャンスを逃さない事ですよね。
0.3秒の差で写真の良し悪しが決まるなんて・・・(^_^)

ゴーハチサンポートさんの鉄道の写真はすごく正確というか、
よく捉えておられます。

私のように写真というと記念写真の域を出ない万年初心者には羨ましい限りです。

投稿: ふぅ | 2008/11/19 01:34

全部が全部というわけではありませんが・・・。
停車中の車両は基本的にやり直しが出来ますが、走行中の写真を撮る場合はやり直しができない場合のほうが圧倒的に多いです。場面によっては一瞬のシャッターチャンスが二度とない可能性もあります。

ふぅさんは沿線撮り(駅間での撮影)をしたことはありますか?あるとしたらぜひとも拝見したいものです(笑

投稿: ゴーハチサンポート | 2008/11/19 22:24

ゴーハチサンポートさんheart02
たしかに・・・・・静止しているものを撮るのは簡単ですね~(o^∇^o)ノ
私は動くものを撮った事はないです(^_^)

沿線撮りのような難しい事は出来ない・・・。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
今度やってみようかしら?

山で滝を撮る時、シャッターの時間を長くして、動いている状態を撮ると面白い写真が出来る事を教えてもらいました。
これもシャッターの時間が難しいです。

投稿: ふぅ | 2008/11/20 04:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44201/43150119

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展2008年:

« 北海道のお土産 | トップページ | 洋画三人展 »