« 徳川園 | トップページ | カタクリの花 »

2006/05/07

沢登り

Oike25月5日は鈴鹿山系の御池岳へ登ってきました。上り口は石灰石のごろごろが沢山あって、はじめから驚きです。この石灰岩はどこから来たのか、きっとがけ崩れで落ちてきたのでしょうか?急登は予想通りでしたが、岩場ばかりの急な登りになれない私は必要以上にエネルギーを使ったようです。それに普段あまり水を飲まない私でもやっぱり水分補給は絶対必要だと痛感。馴れない雪渓を登るのも神経が疲れました。
登山には丁度良い気候で暑さも感じなく山頂の風は心地よかった。カタクリの群生地として有名な高山も今年は長かった冬のためにだま芽を出したばかり。イワカガミやチゴユリも期待していたのですが、まだ花は遠いようです。
帰りも同じ道を下ってきました。2/3くらい降りた地点に長名水と命名された清水があります。ここでのどを潤して又、急な斜面を下りです。こういう山は初めて。足が疲れ果てた感じでした。

|

« 徳川園 | トップページ | カタクリの花 »

コメント

ふうさん こんにちは。
いつもプゥがお世話になっています。

先日久々に山登りしてきました。
北海道の山もまだまだ雪がいっぱいで
今シースン最後のスキー登山に行ってきました。

低地のほうではカタクリの花も咲き始めました。
あと、やっと桜も咲きました。
北海道の遅い春がやっと来ました。

投稿: パッポ隊長 | 2006/05/11 21:36

こちらこそfufuがお世話になってすみません・・・笑
北海道は雪が沢山であまり雪に縁のない私にはとっても魅力。やっぱりスキー登山になるのですね。
鈴鹿の登山の時はほんの少しの雪の上を歩いたのですが、慣れてないので気を使いました(^^)

カタクリや桜も咲き始めたのですね。
遅い春だけに感慨もひとしおでしょう。

投稿: ふぅ | 2006/05/12 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44201/9934993

この記事へのトラックバック一覧です: 沢登り:

« 徳川園 | トップページ | カタクリの花 »